銀行から大口融資するのに有利な収入と審査

銀行から大口融資するのに有利な収入と審査

私が得ていた収入と通った審査(女性/30代)

 

私は仕事柄収入はかなり自信がありました。一番良い時にはボーナスで年間100万円、年収も500万円を超えるようなくらいでしたが、借金はあまりたくさん利用できませんでした。銀行のサービスでは利用限度額100万円、クレジットカードは同じ銀行系のサービスのもので限度額30万円でした。

 

カードローンの上限が300万円だったので、もう少し借りられると思いましたが、実際にはそこまで甘くはないようでした。年収の3分の1までは借り入れできるという消費者金融向けの制度が銀行に当てはまったわけではないと思いますが、多少なりとも影響はあったかもしれません。

 

そこまで借金ができなくて困ったわけではないですが、やはりもう少し借り入れできていれば貯金を切り崩さなくてもよかったのではと思っています。金利がかかってしまうとその分トータルコストは上がるので結局損失になりますが、急に貯金がなくなってしまうのはやはり心配なものです。私の場合、購入した自動車が長くそのままで使えるか心配だったこともあり、少しでもリスクを分散するために借り入れを利用して購入しました。

 

もし、銀行で100万円の借入をしたいならば最低でも350万円、200万円利用したいならば700万円の収入はないと難しいでしょう。年収が高い場合には借入金額も多くなるようで、場合によっては年収と同じくらいの金額融資してもらえることもあるそうです。個人向けのサービスでもかなり充実してきているので、サービス内容や審査内容も注意してみるとよい銀行やサービスが見つけられるでしょう。

 

独身でも利用できる銀行の借入

収入は多い方がよい

銀行で借入をする時には、消費者金融にあるような総量規制は関係がないですが、その分収入が十分ないと借り入れできる金額も下がってしまいます。個人での借り入れも十分できますが、収入が十分多ければ利用できるサービスの幅も広がります。

 

理想としては年収300万円で、それ以上あればさらに利用限度額が高いサービスを利用できます。収入が多くて不利になることはないですが、手続きにおいては収入証明書が必要になったり、会社への申告が必要になったりするので、負担を少しでも減らせるように注意してください。独身であれば郵送物の心配もあまりなく、手続きもかなりスムーズに行えます。利用を検討している場合には、少しでも有利に審査できるように工夫しておきましょう。

 

審査の申告内容にも気を付けよう

銀行で借入をする場合には、収入とすでに借り入れている金額や件数を申告しなければいけません。もちろん審査の段階では信用情報もチェックされるので、虚偽の申告をすると悪い印象しか与えず、審査に通過できなくなってしまいます。審査はどんなキャッシングやカードローンでも同じような手順になりますが、最初の申告内容は特に重要なので、把握していない場合には少しでも早くチェックしてミスの内容にしておきましょう。

 

カードローンやキャッシングでは多少サービス内容や利用限度額によって審査の難しさが変化しますが、不合格という結果があるとその後の借り入れなどでかなり不利な状態になるため、あまり審査に落ちないように心がけてください。申告する希望利用額にも注意しておくとよいです。

 

キャッシングなどは保証人不要

少額融資として利用できるキャッシングや、20万円や30万円程度のカードローンでは保証人や担保がなくても借り入れができるのが一般的になっています。その分、機関保証を受けることになるので、二重に審査を受けなければいけませんがよほどの事故情報がない限りは審査は通過できるでしょう。

 

保証人が要らないため、家族や親せきにばれずに利用することもでき、個人の力で利用して返済までできます。その分、自分に甘くなってしまう可能性もあるので借りすぎには注意して少しでも負担が残らないように利用しましょう。銀行系のキャッシングも利用を間違えれば負担が逆に増えてしまうので、くれぐれも債務整理しなければいけない状況にはならないように注意して借入サービスを頼っていってください。